トップに戻る

News

全ての記事一覧

ブログ2017/07/12

1年にたったの5日だけ一般公開!大統領官邸イスタナに潜入

こんにちは!ビケ子です。

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

 

 

最近のビケ子はと言いますと、ひど~い肩こりに悩まされています。

慢性的な肩こり持ちなのですが、どんどんひどくなる一方で・・・首まで痛むようになってきました。

 

日々の頭痛はもちろん、「ビリリ!」っと電気が走ったように痛むことも・・・。

(同じ経験をしたことがある人っていらっしゃいますか?)

 

どなたか、オススメのマッサージ店がありましたらぜひぜひご一報ください!ビケ子からの切実なお願いです。

あ、言っているそばから今も首が・・・イタタタ・・・

 

 

 

 

前回の祝日、ず~っと前から行ってみたかった「シンガポールのホワイトハウス」に潜入してきました!

 

 

 

イスタナ

 

シンガポールの大統領官邸「イスタナ」はドビーゴート駅より徒歩で約3分。

 

常に厳重な警備が敷かれているシンガポールの中心ですが、

年にたったの5日のみ!一般公開されているんです。

 

 

2017年の一般公開日は下記の通り。

「旧正月2日目・レイバーデー・ハリラヤプアサ・ナショナルデー・ディーパバリ」

 

皆さん、次回の一般公開日はナショナルデーの7月30日ですよ!

 

 

 

 

実はこの日、ビケ子はたまたま用事がありサマセットからドビーゴートまで移動のために歩いていたのですが・・・

運よく公開日だったので、入っちゃいました♪

 

在星歴7年目突入を目前にして、初のイスタナ見学です!

 

 

 

近衛兵

 

 

 

大門の前には可愛い制服を着た若い近衛兵さんが銃を持って立っていました。

 

この近衛兵さんと記念写真を撮ることもできるのですが、どんなに観光客の皆さんが変なポーズをしても

ひたすら真顔で直立不動のまま。

 

お勤め、ご苦労様です!

 

 

 

看板

 

 

 

入場は朝8:00時~夕方18:00時まで。(イスタナの官邸入場は17:30)

 

*公式サイトでは開場が朝8:30からになっていました。朝早くに行かれる方はお気をつけください。

 

 

入場

 

 

 

ビケ子が着いたのは午後3時をまわった頃だったのですが、入場ゲートに数人並んでいただけでした。

午前や昼過ぎの入場はかなり混み合うと聞いていたのですが、ラッキー♪

 

 

身分証を提示できるパスポートやパスを見せ、1人あたり入場料のSGD2を払います。

 

ボディーチェックに荷物検査と、厳重なチェックを受けます。

バッグの中身も確認されますよ!

 

 

 

地図

 

 

 

「えっ、イスタナって・・・こんなに広いの!?」

 

とりあえず、一番奥に書かれている大統領官邸を目指して歩き始めましょう。

 

 

 

イスタナ

 

 

 

どこまでも続く青々とした芝生!

 

都会の中に突如出現した広大な敷地に驚きです。

 

緩やかな登り坂になっており、午後の暑い日差しの中を登っていきます。

左側には大きな池もありました。

 

 

 

イスタナ

 

 

 

公開日には何らかのイベントが行われているそうです。

 

この日は、お子様向けに「化学の実験ブース」が出ていました。

ペットボトルでロケットを作ったり、と言ったものです。

その他にも、バルーンアートやフェイスペインティングなどの催しもありました。

 

まだまだ大統領官邸は見えて来ません・・・。

 

 

 

イスタナ

 

 

日本庭園

 

 

 

途中で日本庭園を発見しました。

 

1967年に作られた古い庭園で、池に橋、灯篭と言われてみれば確かに日本っぽい・・・かも。

 

あまり手入れは行き届いてないようでしたが、シンガポールの大統領官邸敷地内に日本庭園があるなんて・・・

なんだか少し嬉しくなっちゃいますね。

 

ただただお願いです、もっとしっかり手入れしてください・・・!(小声)

 

 

 

砲弾

 

 

 

1900年代初めに建てられた軍事監視室。

 

戦時中に使われた大砲たちが展示されてあり、ここもちょっとした撮影スポットになっていました。

 

 

 

イスタナ

 

 

 

眩しいほどに美しい、青々とした芝!

 

「大統領官邸に来たはずが、なぜゴルフ場にいるんだろう・・・」

もはやゴルフコースにしか見えません。

 

邸宅は一体どこにあるんでしょう。まだまだ先のようです。

 

 

 

プライグラウンド

 

 

 

お子様のプレイグラウンドもありました。

遊具がいくつもあり、皆さんレジャーシート持参で準備がいい!

 

大統領官邸も、今日だけは国民の公園。

ピクニックにうってつけです!

 

 

 

大統領官邸

 

 

 

やっと着きました!大統領官邸・イスタナです!

 

入場してからここまで、歩き通しで約30分ほどかかったでしょうか。

 

まさかこんなに歩くとは思わず、ビケ子はすっかり汗だくです。ゼエゼエ。

早く官邸内に入って涼みたい~!

 

 

 

チケット

 

 

 

入場する前にチケットの購入が必要です。

イスタナ横に仮設テントが出ているので、そこで購入しましょう!

 

外国人の入場料は1人当たりSGD4です。

 

 

 

大統領官邸

 

 

 

イギリス植民地時代に提督の公邸として1869年に建設されたこの建物。

白亜の壁にゴージャスな雰囲気。まさに「熱帯のルネサンス」です。

 

18世紀の新パラディオ様式を踏襲し、そこにアジアの気候に合わせて風通しを良くする

構造になっています。

高層ビルの立ち並ぶ以前は、高台に作られているためここから海が見えたそう。

 

 

 

喜び勇んで入場したところ、なんと内部は写真撮影が禁止でした。

詳しくご紹介できず残念です!

 

各国の首脳から贈られたきらびやかな宝飾品の数々が展示されたお部屋に、

来賓との食事用のお部屋、そして重要な会議などで使われるステートルームを見学することができます。

 

ステートルームには大統領の座る椅子がドーンと置かれており、「ビケ子の中の大統領官邸のイメージ」

通りでした。

 

 

至る所にアート作品や宝飾品が置かれており、豪華絢爛とはこのこと。

美的を損ねるという理由で、クーラーですらシックな木の箱に入っていたから驚きです!

 

 

 

花

 

 

 

年にたった5日しか入れない大統領官邸・イスタナ。

 

まさか、こんなにのどかな場所だとは思いませんでした!

 

もう一度言いますが、次回の一般公開日はナショナルデーの7月30日ですよ!

 

 

シンガポールに住んで6年が経ちましたが、正直、外国人ということで政に関しては気持ちでも知識的にも蚊帳の外でした。

今回、実際に訪れてシンガポールの政治を身近に感じることができ、とても良い機会でした。

 

 

 

 

Istana

公式サイト(大統領トニー・タンさんのFacebookも公開されています)

住所:Orchard Road, 238823

2017年の一般公開日:旧正月2日目・レイバーデー・ハリラヤプアサ・ナショナルデー・ディーパバリ

 

 

*画像及び情報は実際のものとは異なる場合もございますので、参考としてご覧ください。
 詳しい情報につきましては公式サイトをご確認ください。

 

 

 

 

哲平食堂

 

 

 

<おわりに>

 

「沢山歩いて、お腹すいたあ~!」ということで、

ドビーゴート駅のプラザシンガプーラ内にある哲平食堂で海鮮丼(SGD16)をいただきました。

 

具沢山でボリュームもあって幸せ・・・ペロリと平らげちゃいました。

最近、リーズナブルな日本食料理店が増えてきて嬉しい限りです。

ごちそうさまでした!

 

 

 

 

TEPPEI SYOKUDO

 #B2-20, Plaza Singapura, 68 Orchard Road, 238839

<< 一覧に戻る

© Asia Land Travel Service Pte Ltd.